LYMPHA TOUCH
リンパタッチ

施術機器リンパセラピー筋膜リリース吸引スポーツ

Lymphatouch 吸引(陰圧)・リンパ循環・筋膜リリース

コンパクトなボディで持ち運び可能
いつでもどこでもリンパの流れをサポート

リンパタッチは適度な吸引と振動でリンパの流れをサポートするマシンです。吸引力は個人の好みに合わせて画面をタッチするだけで瞬時に変更可能。お好みのパワーを簡単に調整でき、専用のアタッチメントで頭から足までの様々な部位に使用できます。⾧時間の立ち仕事やデスクワークでのむくみの解消など、日常生活での疲労をはじめ、運動後の疲労回復にも最適。1.1kgと超軽量なため、どのようなフィールドにもマッチします。

Lymphatouch 吸引(陰圧)・リンパ循環・筋膜リリース

仕様

製品スペック

サイズ19(W)x 10(D)x 11.5(H)cm
重 量1.1 kg
電 源100-240 VAC 50-60 Hz
バッテリー最大8時間の連続使用が可能
ディスプレー800 x 480
圧力範囲20-250mmHg
高周波振動20-90Hz
トリートメントカップ10mm, 35mm, 50mm, 60mm, 80mm
「よりスピーディな回復のために」Lymphatouch 吸引・リンパ循環・筋膜リリース「よりスピーディな回復のために」Lymphatouch 吸引・リンパ循環・筋膜リリース

削る! 剥がす! 筋膜リリース!
筋膜、コラーゲン規制

  • 可動領域
  • 不良姿勢
  • 肩・首・腰
    ・関節ケア
  • スポーツケア
  • 筋肉機能回復
  • 筋膜リリース
  • 痛み・むくみ
  • セルライト
  • 血行促進
  • スリミング
  • 肌の弾力
    リフトアップ
  • 不定愁訴

リンパタッチは、リンパの血液循環をサポートし、身体の自然治癒プロセスを強化します。

リンパタッチは、リンパの血液循環をサポートし、身体の自然治癒プロセスを強化します。
ネガティブプレッシャー(吸引)と振動により、減圧ロスなく皮膚を直接吸引、筋膜リリースを含む、複数の組織 (筋・腱・神経・筋膜・靭帯・関節・皮膚など) を一度にダイナミックに可動させることで、生体機能や運動機能、スポーツパフォーマンスを向上させることができます。
ネガティブプレッシャーと振動により自然に痛みなく血流を促進しリカバリーに向かいます。
リンパタッチセラピーは皮膚にスムーズな吸引と振動により、体のバランスや循環不良を様々なカップにより全身頭から足まで骨、筋、腱へのアプローチを簡単・安全にリリース(解放)する「筋膜リリース療法」です。筋膜の癒着が健康状態にも影響を及ぼすと言われている昨今、不定愁訴などなかなか改善されないコンディショニングにも最適です。
浮腫・むくみ FASCIA・筋肉 リンパ循環にリンパタッチ

ソフトカッピングシステムSoft Cupping System (SCS)

Lymphatouch 吸引(陰圧)・リンパ循環・筋膜リリース

ソフトカッピングシステム(SCS)とは?

Cuppingの歴史は古く、中医学から、現代のペインコントロール、リハビリテーション医療に用いられてきました。吸引圧が一定であり、 敏感肌ではアザ、腫れになってしまい、また痛みや不快感により継続した施術が難しい場面がありました。吸引、伸展、振動、パルスをリンパタッチのコンピューター制御によるCupping systemを使用することで滑らかな効率的なセラピーが可能となりました。欧米のリハビリテーション、スポーツ医療最前線で採用されている次世代のCupping Systemです。

セルフで施術が可能Self-treatment

Lymphatouch 吸引(陰圧)・リンパ循環・筋膜リリース Lymphatouch 吸引(陰圧)・リンパ循環・筋膜リリース

素早い疲労回復、筋膜リリースに

1.1キロと超軽量で操作が簡単なリンパタッチは、セルフでの施術が可能です。運動後やワークアウト後の筋肉をほぐしたり、可動域を広げたい部位など自分で確認しながら施術ができます。

症例【関節・可動域・あざ・浮腫】BeforeAfter

Lymphatouch 吸引(陰圧)による可動域拡大 Lymphatouch 吸引(陰圧)によるあざ・ケガの改善

LYMPHATOUCH®の経過観察はFAMUBO-Dの超音波画像の可視化が最適です。

  • Lymphatouch 吸引(陰圧)による可動域拡大
  • Lymphatouch 吸引(陰圧)による可動域拡大
  • Lymphatouch 吸引(陰圧)による可動域拡大
  • 募集中のセミナー一覧
  • 最新機器のデモンストレーション
  • 開業支援システム
  • 1人開業支援system

ページのトップへ戻る